webinar register page

Webinar banner
年商250億の急成長企業の経理が選択したDXとデータ連携ソリューション事例
■概要
-------
年商250億円 急成長企業の経理部門が選択した、ペーパーレスシステムと各種データ連携のソリューション事例を紹介します。

■経緯
----------------
急成長の中、ERPを導入するも、残課題として「紙(印刷)」への対策が急務でした。
そこで、電帳法要件抜本緩和をキャッチアップし、「紙(印刷)の無い」経理業務処理を、連携システムの最適化と合わせて実現されました。


<<こんな方にお薦め!>>
・「X-point」等ワークフローや会計システムを利用中で、柔軟で効率的なデータ連携ソリューションをお探しの企業様
・バックオフィスの効率化を、電帳法要件確保とセットで本番稼働に入った企業事例をお知りになりたい企業様


■セッション
----------------------
1)電子帳簿保存法の最新動向(20分)
2)「年商250億_急成長企業の経理が選択したDXとデータ連携ソリューション事例」の概要説明(10分)
3)データ自動連携ソリューションの説明(20分)
 1 株式会社フロンテック_会社概要
 2 株式会社V社様の事例関係の詳細
 3 基幹会計システムとワークフローシステム等との、シームレスなデータ連携を実現するITソリューション
4)質疑応答(10分)


<紹介企業>
株式会社V社
住所:東京都・インターネット関連/コンテンツ制作事業
資本金:5000万円
年商:約250億円(2021年3月期)
従業員:318名(2021年12月)


・主催:アンテナハウス株式会社
・共催:株式会社フロンテック(基幹会計システムとワークフローシステム等とのシームレスなデータ連携を実現するITソリューションを提供されている企業)


【参考】DX(デジタルトランスフォーメーション)の定義
経済産業省は、2018年12月に発表した「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)Ver. 1.0」において、DXを下記のように定義しています。

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」

https://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181212004/20181212004-1.pdf


【視聴方法について】
本ウェビナーは無料です。
こちらで登録したメールアドレス宛に、Zoomウェビナーへのご招待メールをお送りします。 当日、メールに記載されたURLをクリックしていただくと、ウェビナーを視聴いただけます。

May 18, 2022 02:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
Webinar is over, you cannot register now. If you have any questions, please contact Webinar host: アンテナハウス株式会社 ウェビナー委員会.