webinar register page

Webinar banner
全身疾患を予防するための歯科医療と医科歯科連携の重要性
アクリアデンタルクリニックでは全身疾患の予防、改善を目的に医科歯科連携を行いながら、栄養面のアプローチ(オーソモレキュラー療法)、顎顔面口腔育成治療(小児の顎骨の発育を考えた矯正治療)病巣疾患治療(自己免疫疾患に対する治療)を3つの柱とした歯科医療に取り組んでおります。

今回のセミナーでは院長多田 大樹 先生に現時点で見えてきた医科歯科連携の重要性と今後の可能性について語っていただきます。

多田先生から頂いた、今回のセミナーに向けてのお言葉です。
****************************
自身が副腎疲労を患い精神的に不安定になった経験から特に歯科医療と精神疾患との関連性について興味を持ち日々の診療に当たる中で「血液検査データは改善しているのに不定愁訴が改善しない患者」が一定数いることに気づきました。そこに何が関係しているのか、どうすれば改善するのか追及する中で皆様と共有できる知見が得られましたので紹介させて頂きます。
小児の矯正とオーソモレキュラーに取り組んでいたからこそ考えてきた、顎骨の発育と栄養についての仮説と調査研究の結果も報告させてください。
また、管理栄養士、助産師、理学療法士が歯科医院でどのような取り組みを行っているか、顎関節症と全身の症状についての考察など医科の先生に知っていただきたい歯科の情報を盛り沢山でお話いたします。
****************************

本セミナーでは
・栄養療法の歯科へ応用の方法
・鉄欠乏と歯科の関係
・血液データが良くなっても不定愁訴が改善しないケースにおける歯科の考察
・顎関節症治療について
・医科歯科連携のためのポイント
などについて多田先生が実践しておられる予防歯科医療の知見を惜しみなく披露していただきます。

ぜひ、このセミナーで全身の健康を口腔内から考えましょう!

皆様のご参加をお待ちしております。


-----------------------------------------------------
※セミナー所要時間:約2時間
 (21:00終了予定)
※お申し込みいただいた皆様にはヘルシーパスからメールマガジンをお送りします。予めご了承の上お申し込みください。

Jun 6, 2022 07:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
* Required information
Loading

Speakers

多田 大樹 先生
@アクリアデンタルクリニック 院長
岩手医科大学歯学部卒業  アクリアデンタルクリニック 開業 顎顔面口腔育成研究会所属 病巣疾患研究会所属
田村忠司
@株式会社ヘルシーパス 代表取締役社長
1965年生まれ。富山県出身。 1988年東京大学工学部産業機械工学科卒業。 同年、株式会社リクルートに入社。 通信事業を中心に経営戦略、 新規事業立案、 マーケティング戦略立案、営業活動に従事。 1998年「日本老化制御研究所」を擁する日研フード株式会社に入社。 取締役経営企画室長、サプリメントの製造子会社の代表取締役社長として活動。 2006年「医療従事者が自信をもって使えるサプリメントを提供してほしい」という医師、 薬剤師からの要請に応え、医療機関専用サプリメントの専門メーカー、 株式会社ヘルシーパスを設立。栄養療法に取り組む医師、歯科医師へのサポート・情報提供のため、 日本全国を飛び回り、 楽しく仕事に取り組んでいる。 著書に「サプリメントの正体:東洋経済新報社・知的生き方文庫」 「これを食べればサプリはいらない:東洋経済新報社」 「健康長寿の栄養学ハンドブック(日本アンチエイジング歯科学会編):草隆社」 「自由診療・サプリメント導入実践マニュアル(共著):日本法令」 など。