webinar register page

Webinar banner
BeeXに聞く!SAPのAWS移行のベストプラクティス ~インフラ視点で語るSAP on AWSの移行のポイント~
SAPのERP6.0 (ECC6.0) ユーザーには頭が痛い2027年問題。標準保守が2027年末にはサポート終了となってしまいますが、その対策としての選択肢はいくつかあります。

本セミナーでは、移行に際してのパターン別の移行方法やSAP on AWSへ移行する際のポイントなどインフラ視点で紹介します。

【こんな人におすすめ】
・SAPのERP6.0 (ECC6.0) ユーザーでこれから移行方法を検討される方
・移行を検討中だが移行方法に迷っている方

【アジェンダ】
■第一部:SAPシステムロードマップ再整理とSAP on AWS移行のポイント
 株式会社BeeX 代表取締役社長 広木 太 氏

・SAP製品の2027年までのロードマップ
・AWSへの移行実績

クラウドリフト、ECC延命、S/4HANA化、第三者保守など、2027年に向けて様々な選択肢があります。
SAPシステムのロードマップを再整理するとともに、パターン別の最適な移行方法と、SAP on AWSへ移行する際のポイントをインフラ視点で紹介します。


■第二部:SAP on AWS 概要と最新情報
 アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 パートナーアライアンス統括本部 岩崎 護 氏

・SAP on AWSの概要
・利用可能なインスタンスの最新情報

SAP on AWSは世界で数千、国内数百のお客様にご利用いただいており、SAP移行の重要な選択肢のひとつとしてご検討頂けるようになりました。
このセッションでは、SAP on AWSの基礎的な概要と、利用可能なインスタンスの最新情報などをお伝え致します。


■第三部:SAP on AWSへの移行の際に考慮しておくべき可用性のポイント ~ HANAおよびNetWeaverを冗長化する方法 ~
 サイオステクノロジー株式会社 BC&CSサービスライン 西下 容史

・障害対策の必要性
・Amazon EC2で取れる障害対策(CloudWatchやHAクラスターなど)
・LifeKeeperの価値、構成例と費用例

2027年問題に向けて対応の検討を始められる企業が多くなっていますが、SAP on AWSへ移行する際に重要になるシステムの障害対策の必要性やAWSのサービスでカバーできる範囲、カバーできない範囲の対策方法を具体的にお話します。

■Q&A

※講演内容は予告なく変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

※個人情報の取扱い利用目的およびプライバシーポリシーをお読みいただきご同意いただいたうえで登録をお願いいたします。

ご記入頂いた個人情報の取り扱い、利用目的について
https://mk.sios.jp/bc-terms03-beex
個人情報保護の理念と方針について
https://www.sios.com/legal/privacy-policy.html
株式会社BeeXのプライバシーポリシー
https://www.beex-inc.com/policy

Jan 27, 2023 04:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
Webinar is over, you cannot register now. If you have any questions, please contact Webinar host: .