webinar register page

Webinar banner
第105回HGPIセミナー「『日本医療政策機構現代日本における子どもを持つことに対する世論調査』をジェンダーの視点から読み解く」/The 105th HGPI Seminar – A Close Look at HGPI’s “Public Opinion Survey on Child-Rearing in Modern Japan” From the Perspective of Gender
2021年度、女性の健康プロジェクトでは、妊娠を望む人が妊娠できる社会の実現に向けて、必要かつ効果的な対策を具体的に示し提言することを目的として、全国25歳から49歳までの男女10,000名を対象に「現代日本における子どもをもつことに関する世論調査」を実施しました。

本調査結果から、男女における妊孕性や不妊症、さらには女性特有の健康リスク等に関して、社会全体のヘルスリテラシーに向上の余地があることが明らかになりました。また、子どもを望む人が子どもをもつことに関連する要因として、子宮内膜症や子宮筋腫、多嚢胞性卵巣症候群の診断や治療の有無、婦人科の初診時期、年収や就業形態、幼少期における近所づきあいやその後の周囲の子どもとの関わりとの関連性が示唆されました。

この調査報告書を踏まえ、今回のHGPIセミナーでは、本調査のアドバイザリーボードメンバーでもある、治部れんげ氏をお招きし、「『日本医療政策機構 現代日本における子どもを持つことに対する世論調査』をジェンダーの視点から読み解く」と題して、ご講演頂きます。

In FY2021, the Women’s Health Project conducted “The Public Opinion Survey on Child-Rearing in Modern Japan,” a nationwide online survey of 10,000 men and women ages 25 to 49. Its aim was to identify and propose specific measures that will be necessary and effective for creating a society in which anyone who wants to conceive is able to do so.

The survey results showed there is room for improvement in health literacy for all of society regarding topics like fertility and infertility in men and women, as well as for women specific health concerns. The results also suggested factors related to having children among people who want them include: history of diagnosis and treatment for endometriosis, uterine fibroids, and polycystic ovary syndrome (PCOS); age at first gynecological examination; annual income and employment status; and relationships in communities during childhood and relationships with nearby children later in life. 

The upcoming HGPI seminar will feature Professor Renge Jibu, Associate Professor at the Tokyo Institute of Technology Institute for Liberal Arts and a member of the survey advisory board.

*Please note that this seminar is available in Japanese only. An English report of this event will be published in due course.

 ■スピーカー/Speaker
治部 れんげ(東京工業大学 リベラルアーツ研究教育院 准教授)/Renge Jibu (Associate Professor, Institute of Liberal Arts, Tokyo Institute of Technology)

■日時/ Date and Time
2022年6月3日(金)18:00-19:15/ Friday, June 3, 2022, 18:00-19:15 JST

■言語/Languages
日本語のみ/Japanese only

■参加費/Fee
無料/Free

Jun 3, 2022 06:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
* Required information
Loading

Speakers

治部 れんげ / Renge Jibu
准教授 /Associate Professor @東京工業大学 リベラルアーツ研究教育院 / Institute of Liberal Arts, Tokyo Institute of Technology
日経BP社にて経済記者を16年間務める。ミシガン大学フルブライト客員研究員などを経て2021年4月より現職。ジェンダー関連の公職に内閣府男女共同参画計画実行・監視専門調査会委員、東京都男女平等参画審議会委員、豊島区男女共同参画推進協議会会長など(いずれも現職)。一橋大学法学部卒、同大学経営学修士課程修了。著書に『稼ぐ妻育てる夫:夫婦の戦略的役割交換』(勁草書房)、『炎上しない企業情報発信:ジェンダーはビジネスの新教養である』(日本経済新聞出版社)、『「男女格差後進国」の衝撃』(小学館)、『ジェンダーで見るヒットドラマ―韓国、日本、アメリカ、欧州』(光文社)等。