webinar register page

Webinar banner
データマーケティングDay マーケティング・テクノロジーフェア オンライン 2021
10月15日(金) 12:00-16:40

<セミナースケジュール>
◆12:00-12:40
企業主導からユーザー主導のパーソナルデータ利活用へのシフト
~マーケターも知っておくべき海外・日本共通の個人情報保護とデータ活用のあり方~
[講演] MyDataJapan / インテージ 伊藤 直之 氏
   MyDataJapan / DataSign 太田 祐一 氏

◆13:00-13:40
顧客と向き合うためのデータの使い方
〜発想が膨らむ"Actionable"データという手段〜
[講演] プレイド 藤井 陽平 氏
   プレイド 佐瀬 ジェームズ 幸輝 氏

◆14:00-14:40
「コロナが落ち着いたら見に行きたい」という気持ちを育てる、森美術館のSNSマーケティング戦略とは
[講演] ユーザーローカル 嶋田 彩野 氏
   森ビル 洞田貫 晋一朗 氏

◆15:00-15:40
検索データから探究する生活者インサイト
[講演] ヤフー 荻野 剛至 氏

◆16:00-16:40
観光課題先進都市 京都におけるデータ活用の課題と対策
~ホテル統計・行こう指数開発の裏側~
[講演] 京都市観光協会(DMO KYOTO) 堀江 卓矢 氏

Oct 15, 2021 12:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

* Required information
Loading

Speakers

MyDataJapan / インテージ 伊藤 直之 氏
12:00-12:40 企業主導からユーザー主導のパーソナルデータ利活用へのシフト ~マーケターも知っておくべき海外・日本共通の個人情報保護とデータ活用のあり方~
2008年、株式会社インテージ入社。 クライアント企業の社内外データ利活用基盤構築やマーケティングリサーチ、デジタルマーケティング領域での新規事業開発に従事した後、現在は主に個人起点のパーソナルデータ流通領域における啓蒙・啓発活動や、「情報銀行・PDS」事業の立ち上げを支援している。2021年1月、Data4Me合同会社を設立。一般社団法人データ流通推進協議会 理事。総務省・経済産業省「務省情報信託機能の認定スキームの在り方に関する検討会」委員。
MyDataJapan / DataSign 太田 祐一 氏
12:00-12:40 企業主導からユーザー主導のパーソナルデータ利活用へのシフト ~マーケターも知っておくべき海外・日本共通の個人情報保護とデータ活用のあり方~
DMPやMAツールなど企業主体でパーソナルデータを活用するシステムを開発してきたが、不透明な状態でのデータ収集・活用に限界を感じ、データ活用の透明性確保と個人を中心とした公正なデータ流通を実現するため、DataSignを設立。初の通常認定情報銀行「paspit」を運営。この他、内閣官房 デジタル市場競争本部 Trusted Web推進協議会委員、総務省情報信託機能の認定スキームの在り方に関する検討会委員、一般財団法人情報法制研究所研究員等を務める。
プレイド 藤井 陽平 氏
13:00-13:40 顧客と向き合うためのデータの使い方 〜発想が膨らむ"Actionable"データという手段〜
新卒で博報堂に入社。ブランディング・商品開発領域を経験した後、2015年に社内起業して、株式会社SEEDATA(博報堂グループ会社)を設立。取締役に就任し、主に大企業の新規事業・サービス開発、新商品開発などの新領域の開発、また事業戦略設計、リブランディングなどの戦略設計のPJを幅広くリード。2021年よりプレイドにジョインし、クライアントの顧客戦略設計やビジネスグロースを担当。
プレイド 佐瀬 ジェームズ 幸輝 氏
13:00-13:40 顧客と向き合うためのデータの使い方 〜発想が膨らむ"Actionable"データという手段〜
新卒で博報堂に入社。ストラテジックプランナーとして、 デジタル・テクノロジーを絡めた戦略の立案から企画制作まで広く関わる。2016年末からプレイドに参画。強いブランドを作るために必要なことを領域横断で担当。Customer Success、Branding、PdM/PMMを経て、価値設計からプロトタイピングを行う0→1の探索チームのリードを行いながら、KARTE Liveをはじめとした顧客を知る機能・プロダクトのPMを務める。
ユーザーローカル 嶋田 彩野 氏
14:00-14:40 「コロナが落ち着いたら見に行きたい」という気持ちを育てる、森美術館のSNSマーケティング戦略とは
大手企業を中心にアクセス解析を用いたウェブサイト内の改善、ソーシャルメディアの効果測定、レポート業務の定型化などインターネットマーケティング全般の支援を行っている。
森ビル 洞田貫 晋一朗 氏
14:00-14:40 「コロナが落ち着いたら見に行きたい」という気持ちを育てる、森美術館のSNSマーケティング戦略とは
1979年生まれ。東京都出身。2006年、森ビル株式会社入社 六本木ヒルズの展望台、ギャラリーの企画・運営、広報などを経て、現在は、SNSフォロワー60万を抱える森美術館のマーケティング担当 デジタルマーケティングを美術館に積極的に取り込むとともに、多様なターゲットに広くリーチする企業SNSの運用方法を研究 SNSの運用についてセミナー講演も多数 Forbes JAPANが選ぶトップインフルエンサー50に選定(森美術館・2019年) 著書に『シェアする美術 森美術館SNSマーケティング戦略』(翔泳社)
ヤフー 荻野 剛至 氏
15:00-15:40 検索データから探究する生活者インサイト
ヤフー入社、ショッピングカンパニーを経て2019年6月よりデータソリューション事業本部に異動、2021年4月より現職。セールスとカスタマーサクセスチームのマネジメントに従事。
京都市観光協会(DMO KYOTO) 堀江 卓矢 氏
16:00-16:40 観光課題先進都市 京都におけるデータ活用の課題と対策 ~ホテル統計・行こう指数開発の裏側~
京都市出身。京都大学大学院農学研究科修了後、株式会社三菱総合研究所に入社。リサーチャーとして、官公庁事業の公共政策評価や、航空業界における経済効果分析、東京都を始めとした観光マーケティング業務に従事。2016年、京都市におけるDMO立ち上げを機に、マーケティング責任者として京都市観光協会へ転職。経営戦略の策定、法人サイトの刷新などのコーポレートブランディング、統計データ分析、混雑可視化事業などを手がける。