webinar register page

Webinar banner
がん3次元培養細胞におけるイメージング技術の可能性
本webセミナーでは、「がん3次元培養細胞」に焦点を当て、最前線でご活躍されている研究者の方々を演者としてお招きし、イメージング技術を活用した研究事例をお話しいただきます。

●オルガノイド培養を用いたがん研究の最前線
演者:筆宝 義隆先生(千葉県がんセンター研究所 発がん制御研究部)

●3次元培養による膵癌細胞株の多様性の研究
演者:石渡 俊行先生( 東京都健康長寿医療センター老年病理学研究チーム)

●Cancer Tissue-Originated Spheroid( CTOS)法を用いた薬剤感受性試験
演者:井上 正宏先生(京都大学大学院 医学研究科)

Jan 25, 2022 02:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
* Required information
Loading

Speakers

筆宝 義隆
部長 @千葉県がんセンター研究所 発がん制御研究部
1994年 東京大学医学部卒 1996年 東京大学第三内科入局(消化器グループ) 2000年 東京大学大学院医学系研究科修了、医学博士 2002年 東京大学先端科学技術研究センター 助手  2005年 コールドスプリングハーバー研究所 博士研究員 2009年 国立がん研究センター研究所 ユニット長 2014年 千葉県がんセンター研究所 部長
石渡 俊行
老年病理学研究チーム・チームリーダー @地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター研究所
1986年 川崎医科大学卒業 1988年 日本医科大学 病理学教室 助手 1995年 カリフォルニア大学アーバイン校留学(Murray Korc教授) 2000年 日本医科大学 病理学教室 講師 2004年 日本医科大学 病理学教室 助教授 2016年 地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター研究所 研究部長 老年病理学研究チーム・チームリーダー 高齢者がん研究・テーマリーダー
井上 正宏
特定教授 @京都大学大学院医学研究科 クリニカルバイオリソース研究開発講座
1987年  大阪大学医学部卒業 1987年  外科研修 1991年  大学院(大阪大学小児外科・大阪大学細胞工学センター) 1995年  大阪大学医学部 医学博士 1995年  非常勤医師(大阪大学小児外科) 1998年  UC San Francisco博士研究員(Douglas Hanahan Lab) 2001年  大阪国際がんセンター(旧 大阪府立成人病センター)研究所 生化学部門 部門長 2011年  大阪大学大学院薬学研究科 招聘教授 2013年  京都大学大学院医学研究科 客員教授 2015年  大阪大学大学院医学研究科 招聘教授 2018年 京都大学大学院医学研究科 クリニカルバイオリソース研究開発講座 特定教授