webinar register page

近藤恭造さんのウェブ茶話会
近藤恭造さん 92歳

海軍 昭和19年海軍少年通信兵に志願、
空母瑞鶴に配属、6日後にレイテ沖海戦で瑞鶴は沈没。
その後大和田通信隊。

「24日に戦闘状態に入りました。25日、衝撃があって電灯が消えました。30度に傾いたとき退艦命令が出て、兵曹が「俺についてこい」と言ってくれました。ハッチは閉められ、避難用の通路が1ヵ所あけてありますが、艦の一番下で、真っ暗闇。自分ではとても無理です。甲板まではビル4階建てと同じ高さで、タラップを6つ上がらないと上甲板(飛行甲板)に出られません。兵曹の声をたよりについていき、上甲板に出て、縁(へり)にしがみついていました。」

01:48:00

* Required information
Loading