webinar register page

第5回 Web知財セミナー(”active リモートseminar”)
テーマ:均等侵害
セミナー概要
学習用具等に関する発明について均等侵害を認めた原審(令和3年3月25日判決)、及びその控訴審(同10月14日判決)を紹介します。

※特許事務所/法律事務所等の同業者様の当セミナーへのご参加は、お断りさせて頂きます。
※登録の必須項目(姓名、メールアドレス、会社名)については正確にご記入ください。
入力の内容に誤りがありますと参加登録が認められない場合がございます。
※参加用のURLを含む登録完了メールは5/16(月)より随時配信予定です。
※セミナーの内容に関して、事前質問がございましたら、「質問とコメント」にご記入ください。セミナー当日に回答させていただきます。

May 20, 2022 02:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
* Required information
Loading

Speakers

西山 泰生
@法律本部所属
<経歴紹介> 大学(法学部)卒業後、2003年に弁理士試験に合格し、2007年から当 事務所に勤務。司法試験予備試験及び司法試験に合格後、2020年 に司法修習を終え、現在に至る。 <講師コメント> 本裁判例では、構成要件における文言解釈、均等論、間接侵害が争点となっています。特に中心となる均等論については、従前の判断基準に従っていますが、第1要件において、一定の場合には従来技術を参酌して本質的部分を認定することが原審において明示されています。