webinar register page

Webinar banner
EES/UBRJ 実社会のための共創研究セミナー「ロシアバレエとウクライナ侵攻」
2022年2月に始まったロシアのウクライナ侵攻は長期化の様相をみせています。本セミナーでは劇場やバレエ学校に関する情報をもとに、ロシアのプロパガンダを分析します。「自由な意見を言える状態にはない」社会の状況を理解する一助になるでしょう。

Sep 29, 2022 05:30 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
* Required information
Loading

Speakers

斎藤慶子
ロシアバレエとウクライナ侵攻 @大阪公立大学特任講師
専門はロシアのバレエ研究。文化と政治の関係にも詳しい。主著は『「バレエ大国」日本の夜明け:チャイコフスキー記念東京バレエ学校 1960-1964』文藝春秋企画出版部など。
安達大輔
コメンテーター @北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター准教授
専門は文学、表象・身体・メディア、ロシアの言語文化。主として、18世紀から現代にいたるロシアの言語文化を、おもに文学作品とメディアの関係に焦点を当てて研究。ゴーゴリを中心とするロマン主義文学と同時代のメディアの比較、カラムジンの創作活動を貫く文化間翻訳の問題のほか、ソ連初期のピアノ演奏理論から当時の身体観を浮かび上がらせた研究など多数。現在はロシアのメロドラマの分析に取り組む。