webinar register page

Webinar banner
AIKO SciLingual ウェビナー 5月25日(水)
日時:2022年5月25日 14:00-14:45
安全性関連文書 新時代の翻訳プロセスとは?
~医薬・医学特化型AI翻訳と人によるCIOMS翻訳業務の効率化~

 医薬品開発・製造販売のグローバル化に伴い、製薬会社にとって安全性情報を国内外で共有することが、重要な任務である。
 各社の安全性部門では、治験薬/市販後医薬品に関する医薬品安全性情報、すなわち国内症例、海外症例、文献情報、各種報告書の翻訳(日英、英日)など、様々な業務が存在し、時間の制約もあることから、効率化と迅速化が長年の課題であった。
 一方で、2000年代には翻訳支援ツールの普及が進み、さらに、近年ではニューラル機械翻訳(AI翻訳)の登場により、機械翻訳の精度が大きく向上した。
 ASCAでは医薬品開発のスピードアップへのニーズに応えるため、AI翻訳の開発、特に医薬・医学特化型翻訳エンジン開発を手掛けている。
 本セミナーでは、特化型AI翻訳エンジンと過去翻訳の言語資産を活用した期間短縮につながる新たな手法について概説する。

【スピーカー】
上條猛 業務推進部長
薬学博士。
某大手製薬会社にて、研究、臨床開発、翻訳業務などに従事し、国内・海外の複数の開発プロジェクトに関与。アスカコーポレーションでは前職での経験を活かし、医薬品開発・製造販売関連文書の翻訳マネジメント、AI翻訳技術導入支援に従事。

【こんな方に】
・安全性、ファーマコビジランス業務のご担当者様
・CIOMSをご担当されている方
・AI翻訳のトレンドを知りたい方
・ツール導入により翻訳作業時間を短縮したい方
・翻訳体制を見直したい、再構築したい方
・セキュアなツールの導入を検討されている方

May 25, 2022 02:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
Webinar is over, you cannot register now. If you have any questions, please contact Webinar host: .