webinar register page

Webinar banner
[Houdini Professional Workshop 2022] Houdiniのプロシージャルワークフローの実際とRedshiftレンダラー
みなさん、Houdiniをご存知ですか?Houdiniも有名になってきたので、ご存知の方も増えてきたと思います。

では、実際に仕事で使われている現場はどうでしょう?既に仕事で使っている方も、他の会社ではどんな風に使っているのか気になりませんか?ゲーム業界の方は映像系の仕事を見たくないですか?ハイエンドな映像制作をしている方は、低予算・短納期の仕事を見てみませんか?

今回は一本の映像の仕事の流れを、実際の制作現場で使用したHoudiniのプロジェクトを元に見ていきます。ただし、プロジェクトそのままをお見せできないので、セミナー用に改変はしています。この案件は非常に低予算・短納期だったのですが、Houdiniで工夫をすることで乗り切ることができました。

今回のセミナーでは、Houdiniで制作を行う際の具体的なノードネットワークの構築、一度構築したシーンから発展させてより複雑なシーンに更新する方法、無慈悲な追加・修正に対しての効率的な修正対応、等々...実際の制作案件に対して、Houdiniのプロシージャルワークフローが非常に強力で、どのように便利なものなのかということをご理解いただけると思います。

また、Houdiniの標準のレンダラーであるMantraは、強力なレンダラーである半面、計算が重く、複雑なシーンになるとレンダリング時間が長くかかってしまいます。Houdini用のサードパーティーレンダラーのひとつであるRedshiftレンダラーは、GPUを使うことで高速にレンダリングできるレンダラーの1つです。今回は、そのRedshiftをHoudiniで使うためのマテリアルの作成からレンダリングまでを簡単にご紹介します。

[開催日時]
2022年5月28日(土) 13:00 ~ 16:30 (3時間半/途中休憩あり)

[開催会場]
Zoom ウェビナー (オンライン)

[参加費]
無料

[セミナー紹介]
https://indyzone.co.jp/archives/6814

May 28, 2022 01:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar is over, you cannot register now. If you have any questions, please contact Webinar host: .