webinar register page

Webinar banner
Session-2 Developer’s perspective: Fexinidazole for African trypanosomiasis / 第2回「開発者の視点:アフリカトリパノソーマ症(アフリカ睡眠病)の治療薬フェキシニダゾールについて」
Session 2 focuses on fexinidazole, a new drug for treatment of African trypanosomiasis. This medicine was developed a few years ago in partnership with DNDi, Sanofi and many other organizations. DNDi and its partners are currently working together to deliver fexinidazole in African countries. Fexinidazole can be seen as a promising story of a drug developer engaging in delivering NTD medicines. The invited speakers will identify key access challenges and how DNDi has addressed them.

[Language] English (Simultaneous translation into Japanese available)
[Fee] Free
[Organizer] Japan Alliance on Global Neglected Tropical Diseases (JAGntd)
[Sponsor] GHIT Fund

セッション2では、アフリカトリパノソーマ症の新規治療薬であるフェキシニダゾールを取り上げます。この薬は、数年前にDNDiやサノフィをはじめとした多くの団体のパートナーシップのもと開発されました。現在、DNDiとそのパートナーは、アフリカ諸国におけるフェキシニダゾールの普及に向けて活動しています。フェキシニダゾールは、医薬品開発企業がNTD治療薬の提供に取り組んでいる有望な事例といえます。登壇者のお二方には、治療薬を提供するうえで直面したアクセスの課題と、DNDiがそれらにどう対処したかについてお話しいただきます。

【使用言語】英語(日本語による同時通訳あり)
【参加費】無料
【主催】日本顧みられない熱帯病アライアンス(JAGntd)
【後援】グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)

Oct 14, 2021 04:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
Webinar is over, you cannot register now. If you have any questions, please contact Webinar host: .