webinar register page

Webinar banner
未然防止手法DRBFMの“こころ”と実践的な進め方、書き方を学ぶ
DRBFM(Design Review Based on Failure Mode)は自動車メーカー及びその協力会社(取引先)を中心に未然防止手法として活用され、広く普及しています。

 しかし、DRBFMは浸透しているものの、DRBFMの書き方にレベル差があります。それは、具体的な書き方の教科書が無いこともあって、
「ワークシートを目の前にして、いざ書こうとしても、どこからどう書いたら良いか分
 からない」
「この心配点はどこから出てきて、それを解決するためにどんな設計をしたのか、因果
 関係、設計 ストーリーが分からない」
「本来記載すべきことが記載されていない」
など、多くが自己流で書かれているためです。
また、何が心配で、何を検討して、どう考えて、どう判断して、どう設計したのか・・・本当にこの設計で良いのだろうか? など、
設計の意図が分からない・読めない・判断のできないワークシートが散見されます。

それらの悩み・問題を解決するため、2022年度に新規セミナーとして、「未然防止手法DRBFM実践講座 ~DRBFMの“こころ”と実践的な進め方、書き方を学ぶ~」を開設しました。

本講演では、本講座の概略をお伝えします。

※講演資料の配付はございません。

【プログラム】
2022年2月18日(金)
14:00~14:05 事務連絡
14:05~15:00 未然防止手法DRBFMの“こころ”と実践的な進め方、書き方を学ぶ
                   /高村 伸一 氏(元 トヨタ自動車㈱)

Feb 18, 2022 02:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
* Required information
Loading