webinar register page

Webinar banner
年間最大60日取得可能な「ワーケーション制度」を導入後、40%以上の社員が利用! プロジェクト推進者が語る「ワーケーション制度導入における効果や実現方法」
コロナ禍や労働人材の確保のための働き方改革で、テレワークなどの場所を問わない働き方が普及し、ワーケーションの実施者は徐々に増加しつつあります。

当社は、コロナ禍以前より場所にとらわれない柔軟な働き方を推進してきました。
全従業員がテレワークの対象であり、朝礼や独自の日報システムによりオンラインでのコミュニケーション活性にも力を入れています。さらに2021年には「ワーケーション制度」や「どこでも在宅勤務」を導入。これまでの活動が評価され、同年には厚生労働大臣表彰 輝くテレワーク賞にて「特別奨励賞」を受賞しました。

制度の立ち上げから試行錯誤を続けた「ワーケーション制度」は、現時点で40%以上の社員が利用経験がある制度となり、
場所は北海道 函館・高知・大阪などの国内だけでなく、ニュージーランドなど世界中でワーケーションの実施例があります。


本セミナーでは、ワーケーション制度の推進時のエピソードやよくある質問への回答を交えながら、働き方推進プロジェクトリーダーの佐藤が、ワーケーション先の「ドイツ」からライブ配信でご紹介いたします。

ぜひ貴社における柔軟な働き方推進の参考にご活用ください。

Feb 16, 2023 04:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
* Required information
Loading