webinar register page

Webinar banner
クラウド・バイ・デフォルト時代の今、なぜデータ保護の見直しが必要か?
多くのワークロードがマルチクラウドへ移行する時代、ランサムウェア攻撃や複雑化
した環境でのオペレーションミスなどのデータ損失リスクからデータを守り事業を回復させるのは利用者の責任です。
本セミナーではマルチクラウド化で最適化されたデータ保護の方法により確実に復旧
する方法をNEC様と共に紹介します。

主催:ベリタステクノロジーズ合同会社
共催:日本電気株式会社


<10:00-10:05>
オープニング挨拶

<10:05-10:30>
クラウドもランサムウェアに狙われています!
統合データ保護基盤が実現するハイブリッド、マルチクラウドにおけるリスク削減対策とは?

クラウドを利用したからといってランサムウェアの攻撃からは逃れられず、
オンプレミスと同様にクラウド上のデータは攻撃の対象です。当セッションでは
自動化、AI、イミュータビリティ、リカバリのオーケストレーションなどのNetBackupの最新のデータ保護機能によって実現する、多様なクラウド環境のリスク削減対策を
ご紹介いたします。

ベリタステクノロジーズ合同会社
テクニカルセールス部
松田 真吾

<10:30-10:50>
ランサムウェア対策、削除防止にも役立つSaaS専用保護ソリューション!
NetBackup SaaS ProtectionによるSaaSデータの確実な保護

昨今のリモートワークや働き方改革の潮流によって、Microsoft 365を始め、
SaaSアプリケーションを業務で利用するケースが増々増えています。
そして、それと比例してSaaS利用によるデータの喪失、ランサムウェアの被害も増えています。一方、利用者の多くは、SaaSデータはSaaSベンダー側で保護してくれる
もしくはSaaSの標準機能を使えば十分と考えています。
本セッションでは、この誤解を解くとともに、SaaS専用の保護ソリューションとしての
NetBackup SaaS Protectionの製品特長とユースケースを中心にご紹介します。

ベリタステクノロジーズ合同会社
テクニカルセールス部
河野 正志

<10:50-11:00>
ランサムウェア対策としてのバックアップの提案事例とポイント

最近のランサムウェア被害ではバックアップも標的になっており、ランサムウェア対策のバックアップについて多数のご相談が寄せられています。
当セッションでは、ランサムウェア対策を行う上で、理解しておきたいバックアップの課題とポイントについてご説明します。

NEC
ストレージ統括部 バックアップ事業グループ プロフェッショナル
則行 美佐

Dec 15, 2022 10:00 AM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
Webinar is over, you cannot register now. If you have any questions, please contact Webinar host: .