webinar register page

NPI「知りたいことを聞く」シリーズ 「中間選挙後の米国の内政と外交」
米国の中間選挙が11月8日に行われました。中間選挙の結果、下院では共和党、上院では民主党が多数党となりました。こうした新たな連邦議会の構図は、バイデン政権の内政の運営や外交の舵取りにどのような影響を与えるのでしょうか。
今回は二人の米国政治・外交を専門とするパネリスト―上智大学教授でアメリカ学会会長の前嶋和弘氏、慶應義塾大学教授で当研究所上席研究員の森聡氏―を迎えて、中間選挙後の米国の行方を議論します。
「これが知りたい」という関心事項がある方は、申込みの際に質問をご記入ください。できるだけ皆様のご関心も踏まえながら議論を進めて参ります。どうぞふるってご参加・ご質問ください。

1. 日時
2022年11月30日(水) 10:00-11:00

2. 登壇者(敬称略)
パネリスト:
前嶋和弘   上智大学教授
森  聡   慶應義塾大学教授/当研究所上席研究員
モデレーター:
藤﨑一郎   当研究所理事長

3. 開催方式
Zoom 利用(参加無料)

4. 参加申込方法
下記のリンクからお申し込みください。
https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_oPrZdeTtRrec0caUyHwaGw
11月30日(水)09:00までに直接お申し込みください。

■パネリスト紹介
前嶋和弘 上智大学総合グローバル学部教授、学部長。
専門は現代アメリカ政治外交。 上智大学外国語学部英語学科卒業。ジョージタウン大学大学院政治学部修士課程修了(MA)、メリーランド大学大学院政治学部博士課程修了(Ph.D.)。文教大学准教授などを経て現職。アメリカ学会会長(2022年6月~2024年6月)。近著に『キャンセルカルチャー:アメリカ、貶めあう社会」、吉野孝との編著『危機のアメリカ「選挙デモクラシー」:社会経済変化からトランプ現象へ』、 山脇岳志・津山恵子との編著『現代アメリカ政治とメディア』など。

森 聡  慶應義塾大学法学部教授/当研究所上席研究員
専門は現代国際政治、アメリカ外交・安全保障、冷戦史。
京都大学法学部卒業。同大学法学研究科修了、米コロンビア大学ロースクール修了(LL.M)、東京大学大学院法学政治学研究科博士課程(博士(法学))。
外務省職員、法政大学法学部教授、ジョージワシントン大学シグール・アジア研究所客員研究員、プリンストン大学公共国際政策大学院客員研究員を経て現職。近著に池内恵、宇山智彦、川島真、小泉悠、鈴木一人、鶴岡路人、森聡著『ウクライナ戦争と世界の行方』、久保文明ほか編『アメリカ政治の地殻変動:分極化の行方』、川島真・森聡編著『アフターコロナ時代の米中関係と世界秩序』など。

Nov 30, 2022 10:00 AM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
Webinar is over, you cannot register now. If you have any questions, please contact Webinar host: .